視線一覧

どうしたら会話で疲れなくなるのか

あなたは誰かとコミュニケーションをしているとき 「疲れる」という気持ちを感じませんか? なぜ疲れるのでしょうか? 会話を持たせることに精一杯だから かもしれませんし 相手に嫌われないように 気をつかってしまうから かもしれませんね。 あなたはそもそも 会話を楽しめていますでしょうか? 会話というものは 本質的に楽しいものです。

オドオドして見える人の特徴

頼り甲斐がある男 自信を持っている男 と対極にあるのが 「オドオドした男」でしょう。 自分に自信がない人は 周りから見ると オドオド、ナヨナヨに見えてしまいます。 ですが 自分に自信が多少あっても オドオド、ナヨナヨに 見えてしまう人もいます。 どんな人でしょうか? あなたは大丈夫でしょうか?

深い感謝を伝えられる嬉しさ

今日の私はこちらの先輩がいなければ存在していません。事業をするにあたり私に足りないものをしっかりと教えてくださり時には厳しく指導してくださいました。この日はその感謝の思いを伝えるための 大事な日でした。もちろん、いつも感謝の言葉を伝えていましたが こうやって一緒に美味しいお肉を食べながら改めて感謝を伝えそしてこれからの展望について語り合う時間は本当に最高に素晴らしいものでした。

感謝筋を鍛えてますか?

さて、あなたは周りに対してどのくらい感謝できていますか? 「ここしばらく、感謝なんてしてないな」 という感じではないでしょうか? 仕事をしたり日常生活を送るなかで 「ありがとうございます」 とは言うけれど 感謝の念を本当に持てていますか? 充実して日々を過ごせていない人は この「感謝をする」ということが できていません。

アーシングって知ってますか?

この前、新宿御苑にでかけて 「アーシング」をやってきました。 アーシングって知ってますか? 平たく言うと 裸足で地面に立つことです。 童心に戻る感じですね(笑) なぜこのアーシングが良いのか というのは諸説あるんですが やってみて分かったのは 「めちゃめちゃ気持ちいい〜〜」   ということです。

社会で通用する努力を積み上げる1年と、そうでない1年

私はいつも「積み上げ」を大切にしていますが、 何を積み上げるのかも大切です。 あなたが自分の目標を設定して、 そこに対して努力をするというときも、 良質なもの、 つまり、きちんと社会で通用するものを 積み上げる1年と、 そうでないもの、 つまり、自分なりに頑張っているものを 積み上げる1年とでは、 大きな差が生まれてきます。

周りがあなたをどう思っているか

私がお話をしたのは、 「周りがあなたを本音ではどう評価しているか、  知った方がいい」 ということです。 あなたは、自分をどう評価していますか? 「外見はそんなに問題ないと思う」 「コミュニケーションもまあまあ出来ていると思う」 本当にそんなことを言われたことがありますか?

慎重で優秀な人の評価

特にサラリーマンで多いのですが、 慎重で優秀な人がいます。 あなたもそうではないですか? そんなあなたは、どう評価されるか。 会社での評価はかなり高いはずです。 しっかりと論理的に検討することができ、 妥当なアイデアを出したり、分析をできる。

謙虚に真似る

うまくいかない方の共通点として、 「完全自分オリジナル」 でいこうとする、という特徴があります。 うまくいっている人を真似しようとせず、 なぜか自分でイチから考えるんですね。 これは何故なんでしょうか? プライドがあるんでしょうか?