理由一覧

インタビューを受けました

私は男前事業をしておりますが そこでの数々の生徒さんを 劇的に「男前」に変えてきました。 その実績に注目をいただき 都内某所でインタビューを受けました。 「男前」に対する私の思いを しっかりとお伝えしてきました。 生徒さんが大きく変化を遂げるのは 私にとって何よりの喜びです。 そして、事業に挑戦しながら 私自身も日々、高まっています。

深い感謝を伝えられる嬉しさ

今日の私はこちらの先輩がいなければ存在していません。事業をするにあたり私に足りないものをしっかりと教えてくださり時には厳しく指導してくださいました。この日はその感謝の思いを伝えるための 大事な日でした。もちろん、いつも感謝の言葉を伝えていましたが こうやって一緒に美味しいお肉を食べながら改めて感謝を伝えそしてこれからの展望について語り合う時間は本当に最高に素晴らしいものでした。

これからが楽しみ 〜生徒さんとキックオフ〜

私の生徒さんは恥ずかしがり屋さんが多いのですが 少しずつお披露目OKをいただけていますので ご紹介させてくださいね✨✨ 先日、「男前プログラム」の 生徒Mさんとキックオフをしました。 毎回思うのですが、 このキックオフという時間って本当に楽しいです。 個別セミナーでも ご自身の課題や悩みをお聞きしていますが

あれこれやろうとする人は弱者

あなたが自分に自信を持っていないなら、 その悩みを解決するためにどんなことをしているでしょうか? 例えばコミュニケーション能力だったとしたら 本を読んでテクニックを学んで セミナーに行って考え方を学んで そして、たくさんの本を読み たくさんのセミナーに行くことで 色々なテクニックや考え方を知る。

感動の質が変わる

結婚式に参加するのは割と久しぶりで、 同じ感動でも、その質が大きく違っていました。 ものすごく感動しました。 ただ感動するだけではなく 色々な思いを経験したこの1年の経験があるから 感動の質が変わったんです。 まず、自分が事業を頑張ってやってきたこと。

持つとロクなことがないもの

私の経験上、外見も内面も改善すべきだと感じる男性は、 大抵、あるものを持っています。 それは・・・ 中途半端なプライドです。 この中途半端なプライドを持っているからこそ、 「ダサ男」のまま、だとも言えます。 「自分の外見はそんなに悪く無い」 「私の会話はそこそこ楽しいはず」  「仕事はそこそこできるし、大丈夫だろ」

責任は「自分」にある

本来的に、自分の人生というのは、 自分が送っているものですので、   上手くもいかないのも、 全て自分に責任があります。       当然のことのようですが、   「分かった風」で終わってしまうことも、 多いのではないでしょうか?           これはあくまでも例なのですが・・

鏡を見ても分かりません

あなたはご自身の外見をどう思っていますか? ここでは、 ヘアスタイルやファッション、体形など、 自分で改善できる部分のことです。 「センスいいと思う」 「そこまで悪くないよね」 誰かにそんな言葉を本当にもらっていますか? そう思っているのは自分だけ、 そんなことになっていないでしょうか? 笑