整髪料一覧

相手にウザがられるコミュニケーションとは?

コミュニケーションが苦手だ、という人には 何かしら「やらかしてること」があるものです。 この「やらかしてること」ですが 実はリストアップしてみるとかなりの数があります。 当のわたしも  以前はコミュニケーションが苦手でしたから リストアップできるんですね。 今はコミュニケーションが好きなのですが

プライドの高い男たちへ。結果が伴っていないなら、今すぐそのチンケなプライドを脱ぎ捨てろ

ダサい男ほど 自分に自信がない男ほど 逆説的なのですが プライドが高い人が多いですね。 ある程度、年収があるとか 学歴があるとか 服のセンスが良いと勘違いしていたり 顔まわりに中途半端な自信を持っている。 「なんだかんだ言って俺はイケてる」 「なんだかんだ言って俺は問題ない」 みたいな感覚を持っているのです。

雨の日の来客には、タオルを用意しよう

自宅に誰かをお招きするときに すごく強い雨が降っていると その方の持ち物が 雨で濡れていることがあります。 そんな時にご本人が どう思っているかというと 「本当は拭き取りたいなあ・・」 と思っているんですね。 ですから、こういった場合には ミニタオルみたいなものを お渡しすると とっても喜ばれます。

素敵な女性の横にダサすぎる男。ハワイでも同じですね

ワイキキを歩いていると 女性はとっても素敵なのに その横にいる彼氏 or 旦那さんが あまりにもダサい という光景を何度もみかけます。 日本人もそうですし 外国人の方も同じです。 特にアジア系が顕著ですね。 これはどうしたことでしょうか? どう考えても 彼女さん or 奥様がかわいそうです。

誰も言ってくれないこと①

昨日は「ダサい男性が多すぎる」という投稿でしたが、 かなり個別に反響をいただきました。 外見のダサさは、特に誰も指摘してくれません。 誰も言ってくれないから修正されることはないんです。 ファッションも大事ですが、 それと同じくらい、 もしかするとそれ以上に大切なことがあります。

即断即決・即実行

「成果が出たらいいなあ・・・」 「チームがもっと良い状態になったらいいなあ・・・」 ではダメなんです。 もっと強烈に欲求を持つ必要があるんです。 そのためには、いったん欲を解放してあげる必要があるんですね。 「ちょっと人には言えないな」というものでも、 いったん制約をかけずに想像してみる。

コツコツの誤り

それは、さながら毎日通勤して、 勤務先で、与えられた仕事をただやり続ける。 そんな生き方と同じと言えます。 あなたは、来る日も来る日も勤務して、 人生が発展しているでしょうか? 「今年も終わった」 「また1年が過ぎた・・」 「あ、また1年過ぎた・・・」 となっていませんか?