姿勢一覧

入国審査にひっかかりました

少し前に台湾に行ったのですが 入国審査にひっかかりました。 その時のことについて お話します。 外国に入国しようとすると 審査官がチェックしますよね。 入国しようとする人の顔が パスポートの写真と一致するか? というチェックです。 ハワイやグアムに行くときは 引っかかったことはないのですが 今回はひっかかってしまいました。

辛いと感じたときにやること

生きていると楽しいこともあれば 辛いこともありますよね。 仕事がうまくいかない 彼女さんと、奥さんとうまくいかない いろいろと辛いこともあります。 こんなときにあなたはどうしていますか? 昔の私はどうしていたか、というと まず 「辛い、辛い・・」 「不安だ、不安だ・・」 と言葉に出してましたね。

男前になりたいあなたなら、当然これやってますよね?

いろいろな男性とお話をしていると この人はケアが甘いなあ、と思うことがあります。 どこのケアでしょうか? それは唇です。リップです。 唇がカサカサ。 カサカサだけならまだしも ひび割れていて出血に近い状態になっている。 これは、もう本当に最悪の印象を 相手に与えてしまいます。

努力なしでは変われません。しかし、努力が報われることを保証します。

私の「男前プログラム」ですが あなたに誤解してほしくないのは あなたが何の努力もしなくてよいかというと 違うということです。 私がどんなにアドバイスをしても それをあなたが実践しようとしなければ 男前にはなれないのです。 参加すればそれでいい というものでは無いのです。

一体、自分の何がダメなんだろうか・・と不思議に感じているあなたへ

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成コーチ 永井健之です。 たとえば 会社で頼りなく見られるとか 女性とお付き合いできないとか 「自分の何がダメなんだ・・!?」 と不思議に感じている男性は多いのです。 あなたもそうではないでしょうか?

持つとロクなことがないもの

私の経験上、外見も内面も改善すべきだと感じる男性は、 大抵、あるものを持っています。 それは・・・ 中途半端なプライドです。 この中途半端なプライドを持っているからこそ、 「ダサ男」のまま、だとも言えます。 「自分の外見はそんなに悪く無い」 「私の会話はそこそこ楽しいはず」  「仕事はそこそこできるし、大丈夫だろ」

投資する先を間違えない

投資というと、株式投資などが 真っ先に思い浮かびますが、 自分自身に投資することも大事です。 まず、あなたは見られています。 メラビアンの法則、ご存知でしょうか? 見た目:55% 声の大きさなどの聴覚情報:38% 話の中身:7% といった割合で、 相手に対するあなたの印象が決まってきます。

即断即決・即実行

「成果が出たらいいなあ・・・」 「チームがもっと良い状態になったらいいなあ・・・」 ではダメなんです。 もっと強烈に欲求を持つ必要があるんです。 そのためには、いったん欲を解放してあげる必要があるんですね。 「ちょっと人には言えないな」というものでも、 いったん制約をかけずに想像してみる。