失敗があなたを育てる

何か成果を出している、という人は その分だけ失敗をしています。 何の失敗もせずに、いきなり成果が出る、 という人は滅多にいません。 挑戦して、努力して、努力して、 工夫もして、努力して、努力して。 それでも成果が出ないことだって あるんですね。 問題はこれをどう捉えるか、です。

選択して、そして決断する

もともと用事があったのに、 同じ日に別の用事が入りそうな状況、 というものがありますよね。 こんな時、あなたはどんな基準で 用事を選択しますか? 例えば、 あなたが大阪に住んでいたとして、 突然、あなたの先生がこんなことを 言ってきたとします。

話が合わない(笑)

あなたが事業を始めようとして 事業家の人たちと話すのが当たり前になると、 あなたは職場の人たちや、 それまでに付き合っていた友達と 話が合わなくなってきます。 あなたは同僚と、 未来への可能性が無い 「愚痴」 「悪口」 ばかり話していたかもしれません。

引き上げてもらう秘訣

ある程度の実績であれば 独りで頑張っていても出すことができます。 しかし、そのレベルをはるかに超えて 成長したり、成果を出したいのであれば、 メンターからの引き上げが不可欠です。 ただし、多くの場合、 圧倒的な能力や実績を持ったメンターであるほど、 他にも多くの人たちの面倒を見ています。

責任は「自分」にある

本来的に、自分の人生というのは、 自分が送っているものですので、   上手くもいかないのも、 全て自分に責任があります。       当然のことのようですが、   「分かった風」で終わってしまうことも、 多いのではないでしょうか?           これはあくまでも例なのですが・・

誰と一緒に過ごすか

こんな言葉を聞いたことがあるでしょうか? 「あなたが最も時間を共有する  5人を思い浮かべてください。  その平均年収が、あなたの年収です。」 誰が言い始めたのかはよく分かりませんが、 うまくいっている人たちは、 皆このように言っています。 お金が全てではありませんが、 一つの事実なんだと思います。

謙虚に真似る

うまくいかない方の共通点として、 「完全自分オリジナル」 でいこうとする、という特徴があります。 うまくいっている人を真似しようとせず、 なぜか自分でイチから考えるんですね。 これは何故なんでしょうか? プライドがあるんでしょうか?