恐怖を感じたときこそ




あなたは、日々を過ごす中で、
「恐怖」を感じることはありますか?



あなたが恐怖を感じていないならば、

それは、あなたが成長できていない、

ということを意味します。




日々のルーチンをこなしていれば良い、

そんな状態になることも
あるかと思いますが、


そのような状態では、
精神の安定は得られるかもしれませんが、

その分、成長が止まってしまいます。






実は、

成果を出している人ほど、

強い恐怖を感じていると言われます。





なぜなら、

成果を出している人は、

次に挑戦することも、
また大きいものだからです。






私ももちろん、
恐怖を感じることはあります。



でも、恐怖を感じる、ということは、

実は「成長できる」というサインなんですね。







挑戦をしようとするとき、

うまくいかなかったらどうしよう、

と不安に感じ、そして恐怖になる、



ということは、よくあります。









しかし、そこを乗り越えることで、

あなたが得られるものは、
それ以前と比べて

【格段に】

グレードアップしていきます。






ですから、

「恐怖の時こそ一歩前へ」

これです。






「恐怖の時こそ一歩前へ」出るんです。


恐いと思ったら、

体は硬直します。

足もすくむでしょう。





しかし、そこで止まってしまうのではなく、

その重い足を

「ヨイショ!」

と前へ出してみる。






そして、後はうまくいくまで、

前に進むのみです。




はじめの一歩が一番大変です。

それは

「歩き続けられるだろうか」

という不安も強く感じるからです。






しかし、私の経験上、

はじめの一歩を歩みだしてしまえば、

その後は歩かざるを得ないので、
結果的に歩きます。





そして、支えてくれるメンターや

仲間がいれば、何とか歩き続けられるものです。






新しいことへの挑戦は、
本当に恐怖を感じるものだと思います。



恐いのは当たり前。

恐いと感じない人はいません。






違うのは、その時に、

一歩前に重い足を、

ムリヤリにでも出せるかどうか。






その差なんですね。






恐怖を感じ、

何かを背負いながら歩き続ける感覚は

独特なものですが、



得られるものは格別です。





あなたは、何かに恐怖を感じることは
ありますか?



成長に向かうサインに楽しみを感じて、

歩んでいきたいものですね。

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成プロデューサー 永井健之です。

昭和59年12月18日島根県出雲市で生まれました。

2007年4月、神戸大学大学院に進学。
2009年にシステム会社に新卒入社。
  
しかし
重い責任、深夜残業の毎日。
  
ある時、深夜4時に働いている自分の姿に愕然とする。
プレッシャーと吐き気、自由な時間は皆無といった状況は地獄そのものでした。
  
不動産投資を軸に様々な事業を行い、会社に頼らない収入源を得ていく。
  
その過程で自己投資をし、もがきながら自分の外見、内面を磨いてきた経験をもとに、
現在は「男前育成プロデューサー」として活動中。
  
自分を変えたくても変え方が分からない。
自信が無い自分をどうにかしたい。
  
そんな悩みを抱える男性が、
無理なく着実に、そして劇的に「男前」に進化するお手伝いをしています。
  
外見だけでも、内面だけでも男前にはなれません。
男前になる喜び、楽しさを一緒に味わってみませんか?