アウトプットするとはどういうことか




あなたも、
義務教育を受けて育っていますね。


義務教育の学習スタイルは
「ひたすらインプット」です。



教科書に書いてあることを
完璧に理解していれば、
それなりにテストで点数をもらえます。



問題集に取り組んで
解き方を覚えると、
何とかテストでは結果を出せるわけです。




そんなインプット主体で
育ってきたあなたは、

きっとアウトプットするのは
苦手だと思います。





でも、実際の社会で
対価をもらう、


つまりお金をもらう、


というのは、

あなたが一生懸命
インプットするだけでは生まれません。





対価を払うというのは、

それに見合う「価値」があるからです。




あなたが「価値」を生み出さないと、

誰もあなたに対価を払いません。





この「価値」を生み出す行為が

「アウトプット」というわけです。






学校での勉強と違って、

完璧な教科書があるわけでないですから、

あなたは、


「情報が出揃っていない」

という不完全な状態で
自分の事業などを始める必要があります。






そんな中で、

限られた情報をインプットして、

必要な情報を出来るだけ集めて、

学習して、




それをいかにお客様にとっての

「価値」に変換できるか、



それを考え抜いて

アウトプットしていくわけです。








Yahoo!創業者のジェリーヤンは、

こう言っています。


「インターネットは人々に公平な

 情報収集の機会を与えるというが、

 情報発信手段を持つ人と

 持たない人との力の差は、

 広がる一方だ」



現代は、
インターネットを使って

ブログやSNSで

簡単にアウトプットできる時代
になりました。





これは、

「価値を提供するハードルが下がった」

ということであり、


価値を提供する人は対価をもらえ、

そうでない人は、当然ながら何ももらえない。




そういう時代になっている、ということです。





今も、力の差が



どんどん




どんどんと広がっているわけです。






あなたは、ただ情報を受け取っているだけ
でしょうか?



サラリーマンで働いている場合も、
価値は提供できているにしても、

結局は他人が考えた商品を売ったり、

作るのを手伝っているだけです。






あなたが本気で考えて、

本気で誰かに価値を届けようとして

何かを考えた方が、

絶対に人に喜ばれます。






あなたが感じる喜びも、

比較にならないほど

大きく、そして深くなっていきます。






アウトプットする、


このことの意味を考えてみてくださいね。



今日も
最後まで読んで頂き、
本当にありがとうございました。

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成プロデューサー 永井健之です。

昭和59年12月18日島根県出雲市で生まれました。

2007年4月、神戸大学大学院に進学。
2009年にシステム会社に新卒入社。
  
しかし
重い責任、深夜残業の毎日。
  
ある時、深夜4時に働いている自分の姿に愕然とする。
プレッシャーと吐き気、自由な時間は皆無といった状況は地獄そのものでした。
  
不動産投資を軸に様々な事業を行い、会社に頼らない収入源を得ていく。
  
その過程で自己投資をし、もがきながら自分の外見、内面を磨いてきた経験をもとに、
現在は「男前育成プロデューサー」として活動中。
  
自分を変えたくても変え方が分からない。
自信が無い自分をどうにかしたい。
  
そんな悩みを抱える男性が、
無理なく着実に、そして劇的に「男前」に進化するお手伝いをしています。
  
外見だけでも、内面だけでも男前にはなれません。
男前になる喜び、楽しさを一緒に味わってみませんか?