応援していますか?




自分自身を磨いたり、

自分の成果を出すために
徹底的に努力できる人はいますが、


「周りを応援する」

がポッカリ抜けてしまっている人が

中にはいます。




というか多いです。






あなたは美味しいカレーを作れるシェフ
だとして、



「うちのお店のカレー美味しいよ!」

とあなた自身が言って回るのと、






あなたの信頼できる友人が

「あの店のカレー美味しいよ!」

「絶対言った方がいいよ!」

と言うのとでは、





「行ってみようかな」

と感じる度合いは、全く違います。







また、何かに挑戦していると、

壁にぶち当たったりします。







一人で解決できる問題ばかりではありません。



一人だと時間がかかり過ぎる、

そんな時もあります。







そのような「イザという時」に

あなたを支えてくれたり、

大変な状況を打開するアドバイスをくれたり
してくれるから、



私たちは難しい状況を、何とか突破できるわけです。







このように、誰かに助けて欲しい、

あなたがそう考えるのであれば、




あなたがやるべきことは一つ。




「あなたが、まず誰かを応援すること」


ですね。







あなたの周りに

頑張っている人がいらっしゃれば、

応援の言葉を投げかけてみる。






あなたが信頼できる人が、

社会をよくする何かの取組みをしているなら、

それをあなたの周りの人たちに知らせてあげる。






「応援」にも色々な形があるわけです。



いずれにしても、応援する相手が

「本当に助かるなあ。嬉しいなあ」

と感じるような何かを、

あなたが実践していく、ということです。







「コミュニティを助ければ、

 コミュニティに助けられる」



といった言葉もあるくらい、

あなたが、あなたの仲間を助けていくことは、

大切なことです。








そもそも、独りぼっちで頑張るのは、

ちょっぴり淋しくないでしょうか?





あなたが、どうせ頑張るなら、

誰かを応援し、そして応援される、

そんな関係の中で挑戦した方が、

より深い喜びを感じられます。







自分のことばかり考えずに、

誰かを応援する楽しさも、感じていきましょうね。

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成プロデューサー 永井健之です。

昭和59年12月18日島根県出雲市で生まれました。

2007年4月、神戸大学大学院に進学。
2009年にシステム会社に新卒入社。
  
しかし
重い責任、深夜残業の毎日。
  
ある時、深夜4時に働いている自分の姿に愕然とする。
プレッシャーと吐き気、自由な時間は皆無といった状況は地獄そのものでした。
  
不動産投資を軸に様々な事業を行い、会社に頼らない収入源を得ていく。
  
その過程で自己投資をし、もがきながら自分の外見、内面を磨いてきた経験をもとに、
現在は「男前育成プロデューサー」として活動中。
  
自分を変えたくても変え方が分からない。
自信が無い自分をどうにかしたい。
  
そんな悩みを抱える男性が、
無理なく着実に、そして劇的に「男前」に進化するお手伝いをしています。
  
外見だけでも、内面だけでも男前にはなれません。
男前になる喜び、楽しさを一緒に味わってみませんか?