「いい加減」で大丈夫




何かに挑戦しようとしたときに、
始めることすらできない人がいます。

あなたはそうなっていないでしょうか?




例えば、ブログを書いてみよう、
と思い立つことがありますよね。



書き始めるものの、

「2000字くらいは書かなくては・・」

とか

「文法も完璧でないと人に見せられない・・」


といったように感じてしまい、
満足した文章が書けない。



例え書けたとしても、
その労力の重さに、翌日からいきなり続かない(笑)

といった結果に終わってしまうんですね。







昔の私も含め、
このような状態に陥ってしまう方をたくさん見てきました。






そこで大事なのは、

完璧なものを諦める、という姿勢です。





いい加減で良いんです。
そこを許容するということです。





もっと言いますと、その時その時に完璧なものをつくる、
ということに焦点を合わせるのではなく、


「結局、続けた人が勝つ」ということに
焦点を合わせるのです。





日々の蓄積というのは、長い目で見ると
とんでもなく大きな蓄積になっていきます。



そのような状態になっていることが大事なのであって、
日々の一つ一つの蓄積の質をどうこういうことに、
あまり意味はないんですね。









一つ一つの蓄積よりも、

1年後、2年後に積みあがった状態をイメージして、
その状態を目指していく

というのが正しい考え方だと思います。









そして、積み上げていく過程で大事になって来るのが、

「最高記録を更新する」ということを「楽しむ」

ということです。






先ほどのブログの例で言いますと、

長く続けていくと、以前よりも表現が上達していたりするんですね。





途中でやめずに続けていますと、

直前までに高まった状態が維持されます。



ですから、続ければ続けるほど高まっていくんです。





逆に、ある瞬間だけ取り組んで、続けない。

数カ月先に、思い出したように再開してみる。

でも続けない。





なんていうことをやっていますと、

取り組まない期間に、
はじめの状態にすっかり戻っていきます。

勿体ないですよね。






止めずに続けると、

成長のグラフが下がっていくことはなく、

少しずつ上がっていくだけになります。





そうすると、

「前よりも上手にできた・・!」

「前よりも深いことに気付けている・・!」

という感覚になっていくんです。





これが「最高記録を更新する」ことを「楽しむ」ということです。

この段階に至りますと、得るものの深さ、質の高さが
全く次元が異なりますので、楽しくなってくるんですね。





そういう感覚を楽しめればいい、
という考え方に切り替えると、幸せになれると思います。



それは、

たとえ積み重ねるもの一つ一つが完璧でなくても、

いい加減、適当なものであっても、

得られる感覚です。






積み重ね続ける。いい加減であっても、やり続ける。

ということで得られます。





最高記録はどんどん更新されていきますので、
質は勝手にあがっていきます。






あなたに何か始められない、続かないというものがありましたら、

まずは「いい加減」を許してみてください。







質は後からついてきます。

まずは続けること。そのためには「いい加減」を許容することです。










1年後、2年後に何かを積み上げているあなたは、
いまよりも見違えるほど素敵になっているでしょう。




ぜひそのような楽しみを共有できるといいですね。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成プロデューサー 永井健之です。

昭和59年12月18日島根県出雲市で生まれました。

2007年4月、神戸大学大学院に進学。
2009年にシステム会社に新卒入社。
  
しかし
重い責任、深夜残業の毎日。
  
ある時、深夜4時に働いている自分の姿に愕然とする。
プレッシャーと吐き気、自由な時間は皆無といった状況は地獄そのものでした。
  
不動産投資を軸に様々な事業を行い、会社に頼らない収入源を得ていく。
  
その過程で自己投資をし、もがきながら自分の外見、内面を磨いてきた経験をもとに、
現在は「男前育成プロデューサー」として活動中。
  
自分を変えたくても変え方が分からない。
自信が無い自分をどうにかしたい。
  
そんな悩みを抱える男性が、
無理なく着実に、そして劇的に「男前」に進化するお手伝いをしています。
  
外見だけでも、内面だけでも男前にはなれません。
男前になる喜び、楽しさを一緒に味わってみませんか?