思いの強さで結果が決まる




あなたも何かの結果を出すために
努力をしていると思います。


あなたは、
「結果を出す」ということに、
どれだけの強い思いがありますか?


その思いの強さが、

結果が出るか否か

大きな結果になるか否か

を決める、

ということを覚えておいてください。







結果を出す、

ということは甘くありません。





毎日、調べたり、試行錯誤したり、

地道な努力を積み重ねる必要があります。




時には、夜を徹して作業する、

ということも必要でしょう。









そういった努力をし続けられるかどうか


ということが結果に直結するわけですが、



そもそも、その努力をし続ける原動力を、

あなたは持っていますか?









「うまくいくと良いな~」

くらいの思いの強さですと、
なかなか厳しいですね。






「何が何でもやる・・・!」

「私は絶対に叶える・・・!」


何とも根性論のように聞こえますが、

結果が出る人と出ない人の分かれ目は
ここに尽きるんですね。





これくらいの強い気持ちを持っていないと、

頑張り続けることはできません。








結果に対する執念、強い思い、

それがあるから、

どんなに辛いを感じるような状況であっても、
乗り切っていけますし、

継続して努力し続けることができるわけです。








ですので、つまるところ、

「私は、なぜ頑張っているのか?」

という、

「自分のやる理由」を明確にしてください。





自分にきちんと向き合ってみるんです。






努力し始めるころには明確だった
「やる理由」も、

時間が経つと、
曖昧になっていることがあります。






少しだけでも良いので、

自分と向き合う時間を取って、
ぜひ自分の「やる理由」を思い出してみましょう。



そこに、

「他人からどう思われるか」

といった観点は全く必要ありません。





あなたの心が納得する、

あなたの心がしっくりくる、



そんな理由を思い出す、見つけるんです。







叶えたいものがあるのかもしれません
(プラスに向かう理由)




あるいは、


心から嫌な状況から逃れたいのかもしれません
(マイナスから離れる理由)





人によって様々でしょう。


大事なのは、

「あなたの心が突き動かされる」

そのような理由を見つけるということです。







行動をし続けられるかどうかが
結果の出る出ないを決め、



あなたを突き動かす原動力があるかどうかが、
行動を決めていくわけです。






大事なのはノウハウではありません。

ぜひあなたを突き動かす原動力、

「やる理由」というものに向き合ってみてくださいね。

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成プロデューサー 永井健之です。

昭和59年12月18日島根県出雲市で生まれました。

2007年4月、神戸大学大学院に進学。
2009年にシステム会社に新卒入社。
  
しかし
重い責任、深夜残業の毎日。
  
ある時、深夜4時に働いている自分の姿に愕然とする。
プレッシャーと吐き気、自由な時間は皆無といった状況は地獄そのものでした。
  
不動産投資を軸に様々な事業を行い、会社に頼らない収入源を得ていく。
  
その過程で自己投資をし、もがきながら自分の外見、内面を磨いてきた経験をもとに、
現在は「男前育成プロデューサー」として活動中。
  
自分を変えたくても変え方が分からない。
自信が無い自分をどうにかしたい。
  
そんな悩みを抱える男性が、
無理なく着実に、そして劇的に「男前」に進化するお手伝いをしています。
  
外見だけでも、内面だけでも男前にはなれません。
男前になる喜び、楽しさを一緒に味わってみませんか?