反対する自分っていませんか?




あなたが何かを目指して頑張ろうとするとき、
「反対する自分」
が出てきませんか?




「そんなこと出来るわけないよ・・」

「本当にできるかな・・」

「やめておきなよ」




色々あると思います。






このような思いに対処する方法としてよくあるのが、

反対する思いを無視してしまおう、だとか

悪魔の囁きだと思って敵視しよう、だとか

要はネガティブなものとして、敵として見る手法です。





「そんな思いに惑わされずに、頑張るんだ・・!」

みたいな感じですね。







しかし、これってかなり無理があると思いませんか?


普通に辛いと思うんですね。


ごまかし、ごまかしで頑張っている感が満載です。






あなたが外見をある程度、整えられているとすれば、
次は内面を成熟させていくことです。





真の男前は、内面も成熟しているのです。

今回のような

「頑張ろうとする自分に反発する感情」

に対処する方法も成熟させていきましょう。







では、どのように対処すべきなのか?







まず、反発する感情は敵である、
という解釈を捨てることです。






反発する感情もあなたの一部。


何かを目指そうとする感情も、

それを引きとめようとする感情も、


全体であなたという人格を構成しているのです。






どういうことかというと、

挑戦しようとするあなたを止める感情があったとします。

なぜそんな感情が出てくるのでしょうか?


あなたを止めようとする、
「もう一人のあなた」がいるわけで、

「もう一人のあなた」の立場に立ってみて欲しいんですね。






少し想像してみてください。





「もう一人のあなた」だって、
あなたにうまくいってもらいたいと思っているはずです。





ただ、一方でこんなことも考えているでしょう。

「頑張りたいのは分かるよ。」

「でも、何の準備も無しに始めても
 かえって周りに迷惑をかけるだけかもしれないよ?」

「もう少し準備してから始めた方が、
 たくさんの人の役に立てるんじゃない?」



頑張ろうとするあなたを引き止める
「もう一人のあなた」はあなたの敵ではなく、

あなたに親身になってアドバイスをしてくれているのです。




だから、このアドバイスをまずは受け止めて、
味わってみることが大事です。



このアドバイスに100%従う、というわけではないのですが、

反発する自分の感情を無視しようとするのではなく、

まずは味わってみる。

向き合ってみる。





「不安だな」といった思いがあっても、

それを払拭しようとするのではなく、
まずはその感情を味わってみて、

なぜ「反発しようとする自分」が何を考えているのか
感じてみる。





そうすることで、

あなたはより冷静になることができ、

決断ができるようになり、

より良い選択肢を選べるようになります。



そして、反発する自分も受け入れることで、

あなたの器は大きくなり、
ストレスが大きく軽減されます。





あなたに反発するあなたも、
大切なアドバイザー。



無視するのでも、ただ従うのでもなく、

そんな自分と向き合って
出てくる感情を味わってみること。




やってみればできますので、
少しトライしてみてくださいね。






今回は、少し内面のお話をしました。

私の「フル・オーダーメイド男前プログラム」では、

ただ外見を改善するだけではなく、
あなたの内面にこそ焦点をあてて、
あなたを本気でコーチングしていきます。



圧倒的なBefore-Afterをあなたに約束する

【最強のフル・オーダーメイド男前プログラム】
↓ ↓ ↓
https://goo.gl/GNNjdd




トータルで素敵な男になっていきましょうね!

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成プロデューサー 永井健之です。

昭和59年12月18日島根県出雲市で生まれました。

2007年4月、神戸大学大学院に進学。
2009年にシステム会社に新卒入社。
  
しかし
重い責任、深夜残業の毎日。
  
ある時、深夜4時に働いている自分の姿に愕然とする。
プレッシャーと吐き気、自由な時間は皆無といった状況は地獄そのものでした。
  
不動産投資を軸に様々な事業を行い、会社に頼らない収入源を得ていく。
  
その過程で自己投資をし、もがきながら自分の外見、内面を磨いてきた経験をもとに、
現在は「男前育成プロデューサー」として活動中。
  
自分を変えたくても変え方が分からない。
自信が無い自分をどうにかしたい。
  
そんな悩みを抱える男性が、
無理なく着実に、そして劇的に「男前」に進化するお手伝いをしています。
  
外見だけでも、内面だけでも男前にはなれません。
男前になる喜び、楽しさを一緒に味わってみませんか?