自己否定が大好きだったあの頃




私はその昔、
自分を否定する言葉を使うのが大好き?でした。

自分を褒める、
自分のセルフイメージを高める言葉を使うなんて、
全くピンと来ませんでした。

失敗するのが怖いし、
何事もうまくいくか不安だし、

とりあえず

「自分なんて全然ダメなんです・・」

と言っておいた方が、
安全だと考えていました。

失敗しても、
そんなに傷つかずに済みますからね。



その当時は、周りからも
「そんなに自分を否定しなくてもいいのに・・」

と言われていましたが、

「自分で自分を否定する」

ということに違和感を全く感じていませんでした。



いま考えると本当に不思議で、
まったく考えられないです。

自分で自分を否定する言葉を発して生きるのは
「自殺行為」です。


負け犬の人生を
自ら確定しているようなものです。


ですから、今は私は自分を否定する言葉など
一言も発しません。

何しろ「自殺行為」ですので。



それほど、自己否定の言葉というのは危険なのです。

セルフイメージを下げて下げて、
自分の本領を発揮できない状態が生まれます。

人生というのは挑戦していく、
その挑戦を楽しんでいくものですが、

挑戦というのは
「自分には絶対できる」

から出発し、
未来の目標とする状態と、
現状のギャップをガンガン埋めていくわけです。

つまり、ここには、
「自分には絶対できる」

「今は足りないものがたくさんあるかもしれないけど、
 ギャップは埋めればいいだけの話でしょ?」」

という究極の自己肯定から出発するのです。



それが、
「自分にはどうせできない・・」

という自己否定から出発してしまうと、
原理的に目標など達成しようがないんですね。




ということが、分かるようになるまでは、
実はかなり時間がかかりました。

こういう感覚は徐々に深まっていくものです。

昔の私からすると、

逆に今の私の価値観は「異次元」「異世界」
の価値観と思えるほどでして、

おそらく昔の私と今の私が会話をしても、
全く話が合わないでしょう。



あなたは、昔の私のように

「前向きな言葉を使え?」

「は?何言っているんだ、こいつ?」

と感じていませんか?


自己否定の言葉を使うことは、

人生を無駄にする生き方

負け犬の人生を獲得する近道

なのです。




昔の自己否定が大好きな自分と、

今の自己肯定が大好きな自分。



写真だけを見ても、

圧倒的に

比較の必要性もないくらい、

今の私の方が輝いています。


周囲の方々も、
全く同じ意見でした。



言葉だけで全てが変わるわけではないですが、

言葉の影響は計り知れないほど大きいのも事実。



私は、ある人との出会いで、

バチンと自分の解釈が切り替わり、

「自己否定の言葉ってマズイじゃん!」

と心から感じることができ、
それをきっかけにプラスの言葉を使うようになりました。



あなたもいつか、そういう出会い、
きっかけがあると素敵ですね。

「最強のフル・オーダーメイド男前プログラム」では、

あなたが自己否定の言葉を発して、
ネガティブな世界に迷い込んでしまわないように、

言葉の使い方からイチからお伝えします。

私もあなたと同じ。

別に「男前」ではなかったんです(笑)

しかし、私でも大きく変わることができた。

そして私の周りの男性も、
自分を大切にとらえ、
自信を取り戻すことができたんです。

あなたに、良いきっかけを提供できることを願っています。

圧倒的なBefore-Afterをあなたに約束する
【最強のフル・オーダーメイド男前プログラム】
↓ ↓ ↓
https://goo.gl/GNNjdd 

———————————
見た目、話し方から内面まで、あなたをトータルでプロデュース✨
圧倒的な結果をコミットする男前育成コーチ 永井健之

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成プロデューサー 永井健之です。

昭和59年12月18日島根県出雲市で生まれました。

2007年4月、神戸大学大学院に進学。
2009年にシステム会社に新卒入社。
  
しかし
重い責任、深夜残業の毎日。
  
ある時、深夜4時に働いている自分の姿に愕然とする。
プレッシャーと吐き気、自由な時間は皆無といった状況は地獄そのものでした。
  
不動産投資を軸に様々な事業を行い、会社に頼らない収入源を得ていく。
  
その過程で自己投資をし、もがきながら自分の外見、内面を磨いてきた経験をもとに、
現在は「男前育成プロデューサー」として活動中。
  
自分を変えたくても変え方が分からない。
自信が無い自分をどうにかしたい。
  
そんな悩みを抱える男性が、
無理なく着実に、そして劇的に「男前」に進化するお手伝いをしています。
  
外見だけでも、内面だけでも男前にはなれません。
男前になる喜び、楽しさを一緒に味わってみませんか?