謙虚に真似る




うまくいかない方の共通点として、

「完全自分オリジナル」
でいこうとする、という特徴があります。



うまくいっている人を真似しようとせず、

なぜか自分でイチから考えるんですね。




これは何故なんでしょうか?


プライドがあるんでしょうか?

「真似をしよう」という発想が
無いだけなんでしょうか?


いずれにしても、事業でも仕事でも趣味でも、
何でもそうですが、

成果を出したいと思ったら、
自分なりにやらず、
うまくいっている人を徹底的に

「研究」して

「ヒアリング」して

「自分も同じように考えてみる」
「自分も同じように行動してみる」


というプロセスを踏むのが最速です。





「完全自分オリジナル」でも、
試行錯誤のなかで、
結局、うまくいっている人と同じところにたどり着き、

いつかは成果は出るかもしれません。




しかし、それに10年かかったとしたら、
それはどうなんでしょうか?

素直に真似をしたら
同じ結果に1年でたどり着けるとしたら、

「完全自分オリジナル」は
あまりにも効率が悪すぎますよね。





こういう話はよく料理のレシピに例えられます。


最高のラーメンを私が10年かけて創りあげたとします。

しかし、そのレシピさえ手に入れば、
まったくラーメンなど作ったことのないド素人でも、
その味に一瞬でたどり着くことができる、

といった話ですね。






本当にその通りだと思います。






「自分なり」では、間違いなく、
すぐに結果を手にすることはできません。





うまくいくには、うまくいくだけの

「理由」「原因」

があります。






その理由や原因のうち、
最重要のものの一つが、

今回お伝えしている「モデリング」です。





もしあなたが何かに挑戦して、
結果が出なかったとします。

その時に、

「きちんとモデリングをやっていますか?」

と問われたときに、


「やってないですね・・・」
とあなたが答えたとします。





そしたら、相談相手は

「じゃあ、うまくいくわけないですね・・・・・・・・」

と返してくるでしょう。




モデリング、ということも何でもそうですが、
やればうまくいくんです。



あとはそれを本当にやるかどうかです。

今のうちから意図的に「良い理由」「良い原因」を
作り込んでおけるかどうか。

ということなんですね。







モデリングをしっかりやるための行動とは何でしょうか?





まず、自分が成果を出したい領域を決める。

お手本となる先生を決める。

先生のアウトプットを観察する。

先生と会って秘訣を聞いてみる。

その通りに自分もやる。




何というシンプルなステップでしょうか(笑)


小学生でもわかると思います。

あとは、これを本当にやるかどうかですね。





自分のプライドや変なこだわりはいったん捨てて、

まずは謙虚に真似をしましょう。



あなたのオリジナリティはその過程で勝手に身につきます。

成果が出る原因を、しっかり埋め込んでいきましょうね。

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成プロデューサー 永井健之です。

昭和59年12月18日島根県出雲市で生まれました。

2007年4月、神戸大学大学院に進学。
2009年にシステム会社に新卒入社。
  
しかし
重い責任、深夜残業の毎日。
  
ある時、深夜4時に働いている自分の姿に愕然とする。
プレッシャーと吐き気、自由な時間は皆無といった状況は地獄そのものでした。
  
不動産投資を軸に様々な事業を行い、会社に頼らない収入源を得ていく。
  
その過程で自己投資をし、もがきながら自分の外見、内面を磨いてきた経験をもとに、
現在は「男前育成プロデューサー」として活動中。
  
自分を変えたくても変え方が分からない。
自信が無い自分をどうにかしたい。
  
そんな悩みを抱える男性が、
無理なく着実に、そして劇的に「男前」に進化するお手伝いをしています。
  
外見だけでも、内面だけでも男前にはなれません。
男前になる喜び、楽しさを一緒に味わってみませんか?