仕事は上から降ってくるものではない




サラリーマンや従業員として
仕事をしている方は、

多くの場合、
自分で仕事を生み出していません。




会社や上司、店長から「これをやって」と
言われたことを、やっていくわけですね。

多くの人は、そこに何の疑問を感じず、
卒なくこなす、あるいは効率よくこなすことを
目指します。

それがうまくいくと、
「よくできましたね~」
と評価されて、

給料や役職が上がっていきます。



それは、タスクではなく、
会社やお店から与えられた役割、

例えば・・

「より広い範囲に影響力を持て」

「部下を引き上げて成果を出して欲しい」

といった、単なるタスク以上のものであっても、
本質は同じことです。





上から指示されたことをやっているだけです。





さて、ここでお聞きしたいのは、

「そんなワークスタイルは面白いですか?」

ということです。





言葉を選ばずに言うと、

「会社やお店の都合の良いように使われていませんか?」

ということです。





上から降ってきた仕事をやるスタイルは、

自分でどうすべきかを考える必要がないわけです。

ある意味、楽ですね。




その「楽」の代償として、

都合の良いように使われるのは、

当然といえば当然ですね。






そして、更にお聞きしたいのは、

「あなたの創造性ってそんなものですか?」

ということです。




あなたはきっと本気を出せば、
かなりクリエイティブなことができるし、
それをやり遂げる胆力もあるでしょう。



それを発揮しないのは勿体ないと思うのです。




極端な話、

「会社というフィールドは、
 自分のやりたいことをやるための手段でしかない」
 
「自分のために、会社を利用してやろう」

「自分のために、お店を利用してやろう」

これくらいの意気込みがあって良いんです。




職場で言葉に出すのは、
ちょっとやめた方がいいかもしれませんが(笑)





「上司に承認をもらわないと・・」
「文句を言われないようにしないと」

ではないんですね。



「俺の主張を上司に分からせてやらないと!」
「上司が何といおうと、俺が正しい」

くらいの勢いで全然OKです。




あなたのビジョン、信念がまずあって、

それを職場において

体現していくことが大事なのです。




結果として、上司からどうしてもNGをくらう場合も
あるかもしれません。

でも、それでも良いんです。




上司から評価されなくても、
その挑戦は、
将来のあなたにとって大いに意味があります。



上から降ってくるものをこなすスタイルより、
得るもの、見える世界が全然違うからです。





仕事はあなたが生み出すものであって、
上から降ってくるものではありません。



あなたのビジョンや信念から生み出されるものであって、

それを会社やお店というリソースを利用して

実現していくのが正しいです。





それは、あなたの人生が充実する、
という意味で「正しい」と言えます。




別に会社やお店のために生きているわけではないはず
ですから、それが正しいと言い切って良いでしょう。








あなたは、

「やるべき」
「やりたい」

と自分自身で感じたことを、
積極的にやっていきましょう。




その方が働いていて楽しいはずです。

あなたの中では、

立場としては

「会社、お店 < 自分」

という不等号が常に成立しているべきです。





上から降って来る仕事をこなすのではなく、

あなたがやるべきだと思うことをやる。




自分の人生のかじ取りを会社やお店に任せるのは
やめていきましょうね。

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成プロデューサー 永井健之です。

昭和59年12月18日島根県出雲市で生まれました。

2007年4月、神戸大学大学院に進学。
2009年にシステム会社に新卒入社。
  
しかし
重い責任、深夜残業の毎日。
  
ある時、深夜4時に働いている自分の姿に愕然とする。
プレッシャーと吐き気、自由な時間は皆無といった状況は地獄そのものでした。
  
不動産投資を軸に様々な事業を行い、会社に頼らない収入源を得ていく。
  
その過程で自己投資をし、もがきながら自分の外見、内面を磨いてきた経験をもとに、
現在は「男前育成プロデューサー」として活動中。
  
自分を変えたくても変え方が分からない。
自信が無い自分をどうにかしたい。
  
そんな悩みを抱える男性が、
無理なく着実に、そして劇的に「男前」に進化するお手伝いをしています。
  
外見だけでも、内面だけでも男前にはなれません。
男前になる喜び、楽しさを一緒に味わってみませんか?