自信の持ち方




私は今でこそ人前でお話したり、
未経験のことにも挑戦できていますが、

以前は自分に自信を持てない人でした。



小学生のときなど、
翌日の日直の仕事がきちんとできるか、
不安で寝付けませんでした。

日直は、朝礼や夕礼の進行みたいなことを
する役割ですが、
そんなに大したことはしません。

そんなことですら、不安でした。




その後はギターなどを始めて
人前で演奏したり、
挑戦はしていましたが、

深いところで自分に自信を持つことはありませんでした。







高校、大学と、それなりに過ごすものの

自信という点では大きな変化はなかったのです。








社会人になってプログラミングなどをやっていましたが、
仕事がうまくできるか、いつも不安でした。



「自分なんて・・」

「私は無能だ・・」




なんていつも言っていまして、
妻や友人の前で、マイナスの発言をずっとしていました。








いま考えると、とんでもない状態だったと感じます(笑)

この記事を書いている私が一番ビックリしています。






そんな私が少しずつ変わり始めたのは、

サラリーマンとしての生活に疑問を感じ、

不動産投資に取り組んでからです。





余談ですが・・

あなたは、不動産投資をやったことは
ありますでしょうか?




こんな電話を受けた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「都内の新築ワンルーム買いませんか?

 節税対策になりますよ。」

というやつですね。





このような投資話が来ましたら、

個人的には慎重にご判断された方がいいと思います。

たまにこの手の話に乗ってしまい、

2物件くらい勢いで購入してしまう方もいます。



何に投資するかはご本人の自由ですが、
個人的には「お気をつけください」という感じです。




余談でした・・・(笑)






さて、不動産投資に限らず、
何か事業をやっていこうとしたときには、

メンター、つまり師匠が必要になります。





これ無しで成果を出すのは至難の業です。




師匠から、投資の手法はもちろんですが、
人としてもつべき考え方や、
在り方についても教えてもらいました。

推薦図書も教えてもらって、たくさん読みました。




そこで、私は

「前向きな言葉を発すること」

「理想する姿をイメージして楽しむこと(笑)」


といったことの大切さを、生まれて初めて学びました。







「え?そんなこと?」



と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。



こういうことは小さなことでは全くないんです。





後ろ向きな感情を持っているときに、

後ろ向きな言葉を発すると、

自分の耳がその言葉をキャッチする。



その結果として、更に落ち込むわけです。




「こういう習慣は、
人生の敗北者になる、最も効果的な方法なんだよ」

と言われたことが、鮮明に記憶に残っていますね。





「人生の敗北者になる、最も効果的な方法」

というフレーズが、私にとって、
ものすごく衝撃的だったんです。







懐かしいです(笑)








日本人としての特性なのか、

私だけがそうだったのか、分かりませんが、




私は、自分を常にマイナスに評価して、

自己卑下をしているのが、当たり前でした。




何となく、それが正しい、と思い込んでいたんですね。




謙虚の行き過ぎのような状態でした。




いま考えると、本当にとんでもない在り方ですし、
なぜそんな考えをしていたのか、理解に苦しみます。








自分に自信を持つということを、
許可していなかったんですね。







不動産投資のメンターから教えてもらいながら、
成果を出していきながら、

そして、その後も尊敬できる色々な方々と出会い、
教えていただきながら、




私は徐々に「自信を持つのが当たり前」
という考え方に変わっていきました。





できることが少しずつ増えていき、
自分の色々なところに自信を持てるようになりました。





自分の色々なところが好きになってきたんですね。




そして、毎日がとっても楽しくなってきました。

挑戦して、できることが増えてきて、
見える世界が広がってきて。




そういったことを繰り返していくことで、
自信が更に強まっていきました。

その結果として、更に挑戦できるんです。





とっても良い循環が始まっていきました。

自分のことを好きになれたのも、
この辺りだと思います。








このように私が変わっていけたのは、

やはり「人」との出会いだったと感じます。




不動産投資の師匠はもちろんですし、

その後に出会った、色々な世界の先輩との出会い。





その方々が持つ価値観や判断基準、基準値、
考え方といったものに触れ、

それが当たり前になり、

具体的な行動を起こし続けられるようになり、

徐々に自信を強めていけたんです。









私にはこのような経験があり、
私の人生において、とても重要だったと感じています。

「自信を持つ」ということが、私の人生を発展させたんです。




なので、モチベーションやコーチングといった領域で、
「自信を持つ」ということをお手伝いしています。




私が人で変わったように、
私という人を通して、誰かの人生が良い方向に進んでいけば、
それは素晴らしいことです。

ご本人が、自信を持って過ごす喜びを感じられるのならば、

それが私にとって幸せなことです。





今回の記事は、けっこう取りとめのない感じになりましたね(笑)




自信を持って毎日を過ごすのは、本当に楽しいことです。
自信を持たない場合を比べて、日々に感じるものが全く異なります。



自信を持って生きる人が増えると良いなと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成プロデューサー 永井健之です。

昭和59年12月18日島根県出雲市で生まれました。

2007年4月、神戸大学大学院に進学。
2009年にシステム会社に新卒入社。
  
しかし
重い責任、深夜残業の毎日。
  
ある時、深夜4時に働いている自分の姿に愕然とする。
プレッシャーと吐き気、自由な時間は皆無といった状況は地獄そのものでした。
  
不動産投資を軸に様々な事業を行い、会社に頼らない収入源を得ていく。
  
その過程で自己投資をし、もがきながら自分の外見、内面を磨いてきた経験をもとに、
現在は「男前育成プロデューサー」として活動中。
  
自分を変えたくても変え方が分からない。
自信が無い自分をどうにかしたい。
  
そんな悩みを抱える男性が、
無理なく着実に、そして劇的に「男前」に進化するお手伝いをしています。
  
外見だけでも、内面だけでも男前にはなれません。
男前になる喜び、楽しさを一緒に味わってみませんか?