知っている人は知っている、手帳の使い方




手帳には、未来の予定を書いていきますよね?

問題は、それをいつ書くか、です。




「約束が入ったから、予定を書く」

「飲みにいくことが決まったから、予定を書く」

というのが、普通の手帳の使い方です。





しかし、これでは全くダメです。

これはもう、人生が後手に
回っている状態だからです。




あなたがその予定を、あなたが計画的に
引き起こしているか、というのが大事です。



たとえば、あなたが

「今年は毎月10人の人とランチをして、
 刺激を受けよう!」

という目標を立てたとします。



そうすると、いつ10人に会うのかを、
あらかじめて決めておくのです。

スケジュール帳に、10個の時間枠を
書き込んでおくわけです。




まず先にその枠を確保してしまう。

そこに、具体的な予定をはめていくことになります。



これは、人生を先手で過ごせている状態です。

あなたの目標に即した行動となるように、
自分自身を管理できる状態なのです。




人は放っておくとなまけます。

だからこそ、手帳というツールを使って、
自分を良い意味で追い込んでいくことが
必要です。



そうやって、自分を追い込み、
管理するためのツールが手帳なのです。



先手必勝で使えてこそ手帳の意義があるわけで、
あなたの意思と関係なく発生した予定を、
ただ記録しているようではダメなのです。




「書いた通りに出来事をしていく」


「予定しているから、その通りになる」



そういったパラダイムシフトが必要ですね。

時間は有限ですし、
過ぎるスピードは思っているよりも速いです。



ただ時間の流れに身を任せてしまうのではなく、
自分の人生を操縦するため、
手帳を「先手必勝」で使ってみてくださいね。

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成プロデューサー 永井健之です。

昭和59年12月18日島根県出雲市で生まれました。

2007年4月、神戸大学大学院に進学。
2009年にシステム会社に新卒入社。
  
しかし
重い責任、深夜残業の毎日。
  
ある時、深夜4時に働いている自分の姿に愕然とする。
プレッシャーと吐き気、自由な時間は皆無といった状況は地獄そのものでした。
  
不動産投資を軸に様々な事業を行い、会社に頼らない収入源を得ていく。
  
その過程で自己投資をし、もがきながら自分の外見、内面を磨いてきた経験をもとに、
現在は「男前育成プロデューサー」として活動中。
  
自分を変えたくても変え方が分からない。
自信が無い自分をどうにかしたい。
  
そんな悩みを抱える男性が、
無理なく着実に、そして劇的に「男前」に進化するお手伝いをしています。
  
外見だけでも、内面だけでも男前にはなれません。
男前になる喜び、楽しさを一緒に味わってみませんか?