失敗があなたを育てる




何か成果を出している、という人は
その分だけ失敗をしています。


何の失敗もせずに、いきなり成果が出る、
という人は滅多にいません。



挑戦して、努力して、努力して、

工夫もして、努力して、努力して。



それでも成果が出ないことだって
あるんですね。





問題はこれをどう捉えるか、です。






失敗をする、ということは、
難易度が高い、ということですから、

そこから得られる成果も大きいはずです。




それだけの成果を得ようとしているのですから、

「そんなに簡単にいくはずがない」

という考えが大前提となります。

甘くはないのです。








社会で圧倒的な成果を出している人も、

実は陰では相当な数の失敗を重ねています。




パッと見は華やかに見えても、

壮絶な数やインパクトのある失敗を重ねて、
たくさん学んだから今があるわけです。





そんな人ですら失敗するのですから、
あなたも何かに挑戦しようと思えば、
必ず失敗するでしょう。

甘くはないんです。






そして、いざ失敗すると、
やっぱり辛いと思います。




でも、学ぶこともありますよね。



失敗する、ということは
あなたが何かに挑戦し、行動したということです。





何か行動を起こせば、
その分だけ学びもあります。



逆に、失敗を恐れて、傷つくことを恐れて、
何の行動も起こさなければ、

あなたは得るものも何もありません。

気が付けば、棺桶に入っているでしょう。

時間が過ぎるのはあっという間なのです。






私もたくさん失敗してきていますが、

失敗から学べたことはたくさんあります。




何しろその時は辛いですし、
悔しい思いをしているわけですから、



教訓が、魂に刻み込まれるんですね。








教訓が、魂に刻み込まれるんです(笑)









失敗によって、教訓を得て、
それが魂に刻み込まれるから、

その後の行動が変わり、
成果につながっているんです。







このように、

後から振り返ると、
過去の失敗経験はあなたを彩る
「ストーリー」となります。






失敗をするだけ、重ねるだけ、
もがくだけ、

後から振り返ったときの
あなたのストーリーは人を惹きつける
ものになるでしょう。






それはあなたが何かを成そうとするとき、

あなたに共感してくれる人を
連れてきてくれます。

失敗が多いほど、深いほど、
多くの方の心を打つのです。






だから、何よりも大事なのは、

「失敗しても止めない」

ということです。






失敗をした時点で、

やっぱりただの失敗だった、

ということが確定します。





続けていればいつかは成果が出ます。

そんなに甘くはないけど、
それだけ難しいことをしているんだ、

そういった気持ちで、
失敗を喜んで受け入れていきましょう。

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成プロデューサー 永井健之です。

昭和59年12月18日島根県出雲市で生まれました。

2007年4月、神戸大学大学院に進学。
2009年にシステム会社に新卒入社。
  
しかし
重い責任、深夜残業の毎日。
  
ある時、深夜4時に働いている自分の姿に愕然とする。
プレッシャーと吐き気、自由な時間は皆無といった状況は地獄そのものでした。
  
不動産投資を軸に様々な事業を行い、会社に頼らない収入源を得ていく。
  
その過程で自己投資をし、もがきながら自分の外見、内面を磨いてきた経験をもとに、
現在は「男前育成プロデューサー」として活動中。
  
自分を変えたくても変え方が分からない。
自信が無い自分をどうにかしたい。
  
そんな悩みを抱える男性が、
無理なく着実に、そして劇的に「男前」に進化するお手伝いをしています。
  
外見だけでも、内面だけでも男前にはなれません。
男前になる喜び、楽しさを一緒に味わってみませんか?