改善し続けることにコミット




新しいことに挑戦するときには、


あなたは結果だけに
コミットするのではなく、


「うまくいくまで改善し続ける」


「絶対に途中で止めない」



ということにも
是非コミットしてみてください。




「うまくいくまで改善し続ける」んです。






イメージで言いますと



失敗⇒改善⇒失敗⇒改善⇒

失敗⇒改善⇒失敗⇒改善⇒

失敗⇒改善⇒失敗⇒改善⇒・・・





これくらいはやりきる気概を
持っていた方が良いでしょう。







特に新しいことに挑戦すると、


うまくいかないことの
オンパレードです(笑)




うまくいかないと

当然ながらとても不安になります。





改善して、それでもうまくいかないと、

もっと不安になります。





多くの人は、
そこで止めてしまうわけです。







しかし、そもそも、
新しいことはそんなに簡単には
うまくいかないものです。





もちろん、
はじめから本気で取り組み、
成果を出しにいくのですが、




「成果が出るまで、
 改善し続けるの当然」




というマインドセットは
持っておいた方が良いです。








あなたの上司やメンターは、

「あなたならできるはず」

という気持ちで

あなたに挑戦を勧めているはずです。




自分で決意した人も、

「自分ならできる」

という気持ちでスタートしたはず。







辛いときもあるかもしれませんが、
改善し続けて結果を出す、

ということを諦めないで欲しいですね。








うまくいかないときは、

辛さのために脳が働きづらくなります。




そうなりますと、

「どうやって改善しようか?」

ということに頭が働きづらくなりますよね。






そういう時には、

紙やホワイトボードに

自分の頭に思い浮かんだ言葉を

そのまま書き出す


ということをオススメします。






「うーん、何から考えよう」

といったことでも良いです。

心に浮かんだ言葉を、そのまま書き出します。






そうやって、

「自分がいま何に悩んでいるのか」

を自覚することから、全てが始まります。








自分が悩んでいることを、

紙に書き出してみると、


意外に悩みごとの数が少なくて、
思ったより深刻な状況でもなかった、

と気づけます。





解決にパワーがいることであっても、

具体的にどうすべきか、

を淡々と考えることができ、


改善の糸口が見つかっていくことが多いです。






このようなテクニックも使いながら、


改善、改善、改善、改善・・・




脳に汗を書いて、

試行錯誤して、

それで成果を出していきましょう。





成果が出たら、

ぶっ飛ぶほど嬉しいですよ。





あなたとも、

そんな喜びをぜひ共有したいと思います。





今日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成プロデューサー 永井健之です。

昭和59年12月18日島根県出雲市で生まれました。

2007年4月、神戸大学大学院に進学。
2009年にシステム会社に新卒入社。
  
しかし
重い責任、深夜残業の毎日。
  
ある時、深夜4時に働いている自分の姿に愕然とする。
プレッシャーと吐き気、自由な時間は皆無といった状況は地獄そのものでした。
  
不動産投資を軸に様々な事業を行い、会社に頼らない収入源を得ていく。
  
その過程で自己投資をし、もがきながら自分の外見、内面を磨いてきた経験をもとに、
現在は「男前育成プロデューサー」として活動中。
  
自分を変えたくても変え方が分からない。
自信が無い自分をどうにかしたい。
  
そんな悩みを抱える男性が、
無理なく着実に、そして劇的に「男前」に進化するお手伝いをしています。
  
外見だけでも、内面だけでも男前にはなれません。
男前になる喜び、楽しさを一緒に味わってみませんか?