どうせ全ては思い込み

この前、名古屋でお仕事でした。
名古屋の夜景も綺麗ですね〜✨














さて先日、「妄点」ではなく「妄面」という話をしましたが、

結局、絶対的に正しい考え方、というものはなく、
あなたが経験してきて、
心地よいと感じたものを正しいと感じ、
嫌だなと感じたものを間違っていると感じている。

それだけの話です。

あなたも、あなたの思い込みを持っているんです。

その中に、もしかしたら、
役に立つ思い込みもあるかもしれないですが、

役に立たない、あなたを邪魔する思い込みもあります。


「夢なんてみてもしょうがない」

「目標なんて決めてもしょうがない」

「努力してもしょうがない」


色々あると思います。


あるいは、

「自分なんて、ダメな人間なんだ・・」

「自分を褒めるなんてできない・・」

などなど、
自分をネガティブに評価する思い込みもあるでしょう。



でも、全ては思い込みにすぎないんです。


あなたの思い込みは、
無数にある解釈の中のうち、
ほんのいくつかに過ぎないんです。



他の人は全然ちがう解釈をしています。

「こんな私でも大好き〜〜✨✨」

とかね。

こっちの楽しい感じの人も、
これはこれは「思い込み」です。


どちらが正しいとかではありません。


どちらも思い込みです。




で、ここで大事なのは、
どっちの思い込みの方が楽しい人生になりそうですか?

ということです。




あなたが落ち込んでいたり、
辛いなと感じていたときに、

あなたを辛くさせるのは、
あなたが持っている思い込みのせいなんです。


そうなったときに、
せっかくなら別の思い込みを
知ってみるのもいいのではないでしょうか?


どうせ全ては思い込みなんです。


それなら、どうせなら、

あなたの人生にとってプラスになる思い込みをした方が
良いと思いませんか?




そして、思い込みを切り替える、というのは、
実は一人では難しいんですね。


誰かが言った一言で、切り替わったりだとか、

カウンセリングやコーチングを受けることで、
新しい視点に立つことを促されることで、

あなたは新しい思い込みをもって、
世界を眺めることができるようになります。


なんせ思い込みを切り替えるんですから、
ひとりぼっちだと、自分の思い込みで留まるの普通ですよね。


私は「最強のフル・オーダーメイド男前プログラム」をしておりますが、
そのなかで最も大事なのは内面だと考えています。

このプログラムにはコーチング・セッションも含まれます。

その中で、あなたがしたことのない「良い思い込み」についても
体験していただき、あなたが新しい視点を持てるように、
サポートしていきます。

私の生徒さんも、そういったステップを踏むことで、
内面からにじみ出る魅力を少しずつ獲得しています。
◆男前入門講座 7日間
見た目、話し方、内面までトータルで
男前への一歩を踏み出そう。

無理なく確実に実践でき、
男前への階段を駆け上がるための
「男前入門講座 7日間」
https://goo.gl/cJTKTz

◆個別セミナー
見た目から話し方、内面まで
あなたをトータルでプロデュース。

あなたを無理なく確実にステップアップさせ
失った自信を取り戻させる
「最強のフル・オーダーメイド男前プログラム」
個別セミナー
https://goo.gl/GNNjdd

個別セミナー 開催日程はこちら
https://goo.gl/eMqMxf

実際の生徒さんの変化はこちら
https://goo.gl/Q6PhPe


———————————
見た目、話し方から内面まで、あなたをトータルでプロデュース✨
圧倒的な結果をコミットする男前育成コーチ 永井健之

あなたを無理なく着実に男前にする男前育成プロデューサー 永井健之です。

昭和59年12月18日島根県出雲市で生まれました。

2007年4月、神戸大学大学院に進学。
2009年にシステム会社に新卒入社。
  
しかし
重い責任、深夜残業の毎日。
  
ある時、深夜4時に働いている自分の姿に愕然とする。
プレッシャーと吐き気、自由な時間は皆無といった状況は地獄そのものでした。
  
不動産投資を軸に様々な事業を行い、会社に頼らない収入源を得ていく。
  
その過程で自己投資をし、もがきながら自分の外見、内面を磨いてきた経験をもとに、
現在は「男前育成プロデューサー」として活動中。
  
自分を変えたくても変え方が分からない。
自信が無い自分をどうにかしたい。
  
そんな悩みを抱える男性が、
無理なく着実に、そして劇的に「男前」に進化するお手伝いをしています。
  
外見だけでも、内面だけでも男前にはなれません。
男前になる喜び、楽しさを一緒に味わってみませんか?