あなたがダメな人間だからなんかじゃない。単に情報が不足しているだけ。

長年のコンプレックスを持っている人ほど 「自分はそういうタイプの人間なんだ・・・」 という風に 諦めてしまっている傾向があります。 あなたはいかがでしょうか? そう思ってしまうのは 何というか、しょうがないことだと思います。 くじけちゃダメだと思って 何度もチャレンジしてみるんだけど でも毎回同じ結果になってしまって

どんな時も「今が一番幸せ」

今年の夏は とんでもなく暑い気がします。 汗が滝のように流れますね・・! さて どんな時も「今が一番幸せ」 ということを考えたことがありますか? やっぱり生きていると辛いこともあります。 何だか思うようにうまくいかない ということもあります。

「めんどくさい」に対処する方法

あなたがご自身の人生を 良くしたいと思っているとしたら 魔法のように一気に変わる ということは望まないで欲しいんです。 それはもちろん 外見だったら割とすぐに変わります。 でもね、人として大事なのはやはり内面。 内面が成熟していないと 周りが評価してくれないですし 何より、あなたがあなた自身を心から好きになり 尊敬することができません。

あなたが優しくふるまうのは、本当に優しいからですか?それとも、優しそうに振る舞うことしかできないからですか?自信が無く優しいだけの男性へ。

自分に自信が無いと どうしても優しそうに振る舞うことになります。 その結果 「優しい人ですね」と まわりから評価してもらえます。 それはそれで良いことなのかもしれません。 私も昔はそうでした。 優しく振る舞うことはけっこう得意で 周りからも「優しい人」と思われていたようです。 でも今になって考えると それは本当に優しいわけではなかったのです。

バッグとかアクセサリーといった小物を変えればオシャレに見える、と勘違いしているあなたへ。小物を改善する前に、そのダサすぎるヘアスタイルと服のセンスを何とかしてください。最もイタイ男は「素敵な小物をもっているダサい男」

街中を歩いていますと なぜかバッグはものすごく 高級なブランドにも関わらず 圧倒的にヘアスタイルがモサモサしていたり 圧倒的に服がダサすぎることによって 「うわ・・・こいつイタイな・・」 と思ってしまう男をみかけます。 そういう男は はっきり言って小物を変えてもムダです。 「素敵な小物を持っている ただのダサい男」 一言で言うとそんな感じですね。

現実逃避しているあなたへ。そんな生活を送っていたら、それこそ手遅れになり、人生やり直しのきかないところまで行ってしまいます。そのままのあなたで、本当に良いんですか?納得していますか?

私は昔はよく現実逃避してました。 友達などいませんでしたので 家でずーっと動画とかアニメとかを見て 過ごしていましたね。 そういう時ってストレスは無いんです。 コミュニケーションは疲れます。 人付き合いは疲れるんです。 そういったものが無くなるので 一人で家にいるときというのは 本当にNOストレスですよね。

周りから何も言われないのはあなたに問題が無いからではなく、あなたに指摘することが相手にとってのリスクにしかならないから、ということに気付こう

私はキレイゴトとか表面的なアドバイスはしないようにしています。 なぜなら、それでは何も変わらないからですし 巷に転がっているノウハウと全く同じになってしまうからです。 あなたが会社に出社しても あなたの見た目とか、あなたのコミュニケーションについて 何か指摘を受けることは、あまり無いと思います。 これは、あなたに問題が無いからではないんです。

嫌なことから逃げていたら、いつまでも男として惨めな生活を送ることになりますよ。逃げている限り、真の「自信」と「充実」は得られません。

僕は以前はコミュニケーションというものが ほんとうに苦手でした。 人と会って話をするのが それはそれはストレスでした・・。 どういう心境か というと 僕だって相手とよい関係をつくりたいわけです。 だから、できるだけ笑顔でいるようにしていたし いろいろと気をつけていたんです。 でも・・・ なぜか、相手が疲れているように思えたんですね。

飲み会とかで、端の方でポツンしている人っていると思うんですね

飲み会とかで、端の方でポツンしている人っていると思うんですね。 そう、昔の僕です。 ほぼ話すことができず 話す話題も見つからず ひたすらに ただその場に空気として存在しているだけ。 もはや、いてもいてなくても変わらない 「どうでもいい」存在。 そして、いざ一生懸命に 会話をしようとしても イマイチ盛り上がらずに